かえでのまど

英語関連のフリーランスをしながらの日々をつづります

伊坂 幸太郎作品の「名言 」(好きなフレーズ)『終末のフール』より

『終末のフール』から、心に残ることば。

8編からなる連作短編集です。厳選して二つの短編からご紹介。未読の方、おすすめします。

終末のフール (集英社文庫)

終末のフール (集英社文庫)

  • 作者:伊坂 幸太郎
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2009/06/26
  • メディア: 文庫
 

 

八年後に小惑星が衝突し、地球は滅亡する。そう予告されてから五年が過ぎた頃。当初は絶望からパニックに陥った世界も、いまや平穏な小康状態にある。仙台北部の団地「ヒルズタウン」の住民たちも同様だった。彼らは余命三年という時間の中で人生を見つめ直す。


自分の言動が原因で息子が自殺したと思い込む父親(「終末のフール」)

長らく子宝に恵まれなかった夫婦に子供ができ、3年の命と知りながら産むべきか悩む夫(「太陽のシール」)

妹を死に追いやった男を殺しに行く兄弟(「籠城のビール」)

世紀末となっても黙々と練習を続けるボクサー(「鋼鉄のウール」)

落ちてくる小惑星を望遠鏡で間近に見られると興奮する天体オタク(「天体のヨール」)

来るべき大洪水に備えて櫓を作る老大工(「深海のポール」)などで構成される短編連作集。

はたして終末を前にした人間にとっての幸福とは?今日を生きることの意味を知る物語。

 

(アマゾン 内容紹介より) 

 

 「鋼鉄のウール」

世紀末となっても黙々と練習を続けるボクサー、苗場を軸とした話。苗場の所属するキックボクシングジムに通う少年が語り手。まだ世界の終わりなどわかっていない頃の、苗場の対談記事を見つける。

写真にあった苗場さんは、どれも鋭い目をしていた。演じているのではなく、内面にある信念のようなものが、目から零れているようだった。それを一枚一枚重ねて、再び、袋に戻そうとしたが、その中の一枚が目に入った。ある映画俳優との対談だった。饒舌さが売りの、派手なその俳優と、無口で愛想がない苗場さんのやり取りはあまり噛み合わず、気の利いた掛け合い喜劇のようで可笑しかった。ぼくはしゃがんだ姿勢のまま、全部、読んだ。「苗場君ってさ、明日死ぬって言われたらどうする?」俳優は脈絡もなく、そんな質問をしていた。
「変わりませんよ」苗場さんの答えはそっけなかった。
「変わらないって、どうすんの?」
「ぼくにできるのは、ローキックと左フックしかないですから」
「それって、練習の話でしょ?というかさ、明日死ぬのに、そんなことするわけ?」可笑しいなあ、と俳優は笑ったようだった。
「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」文字だから想像するほかないけれど、苗場さんの口調は丁寧だったに違いない。「あなたの生き方は、どのくらい生きるつもりの生き方なんですか?」

(単行本p179、180)

 

著者が本書の最後で、謝辞としてこの短編のモデルとなった人物の紹介をしています。不思議なリアリティを感じたのはインスピレーションを得た存在があったからなのかなあ。

「明日死ぬとしたら、生き方が変わるんですか?」という言葉にどきっとしました。

 

「深海のポール」

来るべき大洪水に備えて櫓を作る老大工とその家族の話。もうすぐ6歳になる孫の未来がゴキブリをやっつけたあとのこと。語り手は老大工の息子。(華子は息子の妻)

「おじいちゃん、やったよ」未来が戻ってきた。蠅叩きをぶんぶんと振り回している。
「そうか、やっつけたか」父が身体を起き上がらせた。
華子もやってきて「あの虫ってほんと生命力強いよねー」と感嘆の声をあげた。「死んでも死なないって感じ」
「死んでも死なない!死んでも死なない!」未来は意味が分かっていないだろうに、蠅叩きをゆすりながら、口ずさむように言った。
「たぶん、あれだぞ、隕石がぶつかってもな、あいつらだけは生き残るぞ。というよりも、あいつらが一斉に集まって、隕石にぶつかれば、押し返すことぐらいできるんじゃねえか」父は歯を見せた。
「そんなの見るくらいなら、隕石がぶつかったほうがいいなあ。」華子が苦笑する。
「未来、見たい、ゴキブリが集まって飛ぶところ見たい」と未来はおぞましいことを口にした。
「いい子にしてたら、見られるぞ」と父はそんなことまで言う。私と華子は顔を見合わせて、眉をひそめた。

(単行本p263、264)

 

伊坂幸太郎作品の女性の描き方がけっこう好きです。華子だけではなく他の収録作品にも好きな女性が何人か出てきます。サバサバした感じが好みです。

とても笑える状況じゃない終末の世界なのに、おじいちゃんのセリフにくすっとしてしまう…。