かえでのまど

本の紹介、料理、ダイエットなど、日々のおすすめを書いてます。

ダイソン 空気清浄機【加湿機能・送風機能付】Dyson Pure Humidify + Cool PH01 WS

2020年11月に購入したダイソン空気清浄機 レビュー

購入して3カ月ほど経過しました。ネットのレビューでは、「大きい」「音が気になる」「加湿性能が弱い」なども見られ、躊躇していたのですが、秋も深まってきた折、新しい加湿器が欲しい、ということで本機にチャレンジすることに。

 

買い替え前の加湿器はバルミューダのレイン。気に入っていたのですが、使用年数がけっこう経っていました。「今季使うならフィルター購入かなあ、でもフィルターも安い買い物でもないよなあ」と、ぐだぐだ考えていました。

プラス、扇風機(たまたま同じくバルミューダ製)にも悩んでいたところ。ぶつけた衝撃で根元がグラグラになりつつ使っていたもののもう限界。こちらの使用年数もけっこうなもの。来年の夏には使いたくないな、と思っていました。

 

ということで、選んだ機種は加湿と送風機能付きの「Dyson Pure Humidify + Cool」

加湿器と扇風機の代わりをつとめてくれるのでは、ということで。

 

確かに90cmぐらい高さがあるので存在感あります。置く場所は選ぶかなあと思います。加湿機能を強める設定にするとけっこう音がするので、音の面での快適さ重視で設定して使用しています。そのせいか我が家の加湿計は40%ぐらいしか示しませんが、こんなもんか、と思ってそこそこ満足しています。

リモコンが磁石で本体にくっつくのがかっこよくて意外と便利。Dyson Linkというスマホアプリで細かい空気の状況が見れるのも良いです。

現在は場所を変えたのですが、当初キッチンのそばで使っていて、食器洗い機を運転したら粉末洗剤に反応したのか空気の汚れを感知したようですし、魚を焼いたら反応してました。

ほかにも屋内の造作工事で業者のかたが頻繁に屋外から出入りした時も、外の空気を感知するためか空気清浄の仕事をがんばっていたように見受けられました。

 

先日、取説にあるとおり、クエン酸を使用した加湿フィルターのお手入れをしましたが、それほど手間でもありませんでした。

 

ただ、水の補給については、タンクが本体下部にあるので、腰には負担かも、と思います。洗面化粧台で水を補給しているのでリビングからタンクを持ち運ぶのですが、ちょっと重いですし、水を補給し終わったタンクをかがんで床に置く際に体に負荷はかかります。水の補給方法に関して優先度が高いかたはちょっと気になるところかも。私は手入れがラクが最優先なので妥協できています。

 

購入場所は近場のケーズデンキ、78,000円とのこと。LINE Pay5%割引クーポンを使って、74,100円で購入しました。最近はLINE Payのクーポン割引率が、家電系は3%になってしまい残念です。

 

我が家ではお蔵入りとなるレインですが、加湿器の上部からヤカンなどで水を注ぎ入れることができるので使用感はとても気に入っていました。おしゃれだし。

 

グリーンファン、そよかぜのような風が心地よい扇風機。根元さえ壊れていなければ使い続けたかった、、、。

 

 

ダイソン製品、お手入れの面から考えるとおすすめです。

掃除機も愛用中。