かえでのまど

ノマドライフをつづるブログ

海外ドラマで学ぶ英語表現 -『私はラブ・リーガル』vol.2

海外ドラマを題材に英語を聴いています。

海外ドラマをたくさん観てリスニングが上達すれば、もっとドラマがおもしろくなる!
字幕をヒントに英語を聞き取り、自分なりの対訳をつけています。

『私はラブ・リーガル』(drop dead diva)第2話を紹介します。

トップモデルを夢見るブロンド美女デビー。TV番組のオーディションに向かう途中で交通事故に遭い、気がつくと天国の門に。そして何の因果か、彼女の魂は、肥満体だが頭脳明晰で心優しい女性弁護士ジェーンの肉体に入ってしまうのだった…。ジェーンの慣れない体に戸惑いながらも、新たに手にした知性を武器に、法廷で大活躍!?
(hulu番組紹介より)

【スマートBOX】私はラブ・リーガル DROP DEAD Diva シーズン1 DVD-BOX (SPO海ドラ☆スマートDVD-BOXコレクション)

 私はラブ・リーガル シーズン1 第2話 見た目は重要!?

デビーの親友ステイシーのところに居候しているジェーン。朝の支度をしているところへアシスタントのテリーから電話がかかってくる。

J: Good morning.
おはよう。

T: Where are you?
今どこ?

J: Getting ready for work. Ou!
身支度してる。いたっ!(眉毛をステイシーに抜かれていたところ)

T: Are you OK?
大丈夫?

J: I’m fine, Teri.
なんともないわ、テリー。

T: No, you’re not. You are two hours late.
いいえ、全然ダメ。2時間遅刻してる。

S: Your “assistant” can’t talk to you like that.
「アシスタント」はそんな言い方できない。

J: You can’t talk to me like that.
(テリーに向かって)そんな言い方できないわ。

T: Jane.
ジェーン。

J: Yes?
なあに?

T: Get your ass to the office now!
さっさとオフィスに来なさい!

(電話が切れて)
J: She yelled at me.
怒鳴られた…。

S: What are you gonna do about it?
どうする?

J: Drive really fast and apologize?
大急ぎで運転して謝る?

S: Don’t apologize, and be careful driving. That’s what you’ve got into this, sweetie. Now, repeat after me. I am the boss. I am the boss.
謝っちゃだめ、それと運転は慎重に。そのせいでこうなったんだから。いい、繰り返して。私がボス。私がボス。

J: You are right. I am the boss!
そのとおりだわ。私がボス!

(事務所に着いたときに、事務所の郵便係をしながらジェーンを見守っているフレッドに出会う)
F: Hey, it’s been a week since you were shot. Maybe you should start showing up on time.
事件に遭ってから1週間になるんだから、もう時間どおりに来ないといけないんじゃないかな。

J: I am the boss, Fred. You are the help, and the help doesn’t tell the boss what to do.
私はボスよ、フレッド。あなたは私を助ける係で、ボスには命令できないの。

F: You think I’m your help?
僕を部下だと思ってる?

J: Your words, you’re a cosmic babysitter sent down to Earth to make sure I behave. Just make sure to help.
あなたが言ったのよ、あなたは宇宙から遣わされたベビーシッターだって。ただ助ける仕事をしてればいいの。

(テリーが現れて)
T: Lucy Tyner has been waiting for you in your office.
タイラーさんがオフィスでずっと待ってるわよ。 

現在完了形it’s been a week は、a week部分を変えて日常会話に使えそう。
現在完了進行形Lucy Tyner has been waiting for youは「ずーっと待ってる感じ」を強調しているように感じます。ちゃんと時間どおりであればLucy Tyner is expecting you in your office.となっていたかも。
ステイシーが「アシスタント」と話すシーン、手でダブルクォーテーションのしぐさをしています。Air Quotesというジェスチャー。「いわゆる〇〇」と伝えたいときや、強調、皮肉などを表現するときに使われるものです。