かえでのまど

本の紹介、料理、ダイエットなど、日々のおすすめを書いてます。

クレジットカードの利用代金明細書が有料化になる話

利用しているクレジットカード、明細書の有料化が進んできます。どうするのがいいのか前からぼんやりと考えていましたが、そろそろ決めなければならないようです。

 

イオンカード

たしか2019年中に有料化、郵送を継続する場合は手続きが必要になりました。その際に電気料金以外の引き落としをコスモ・ザ・オーパスに移しました。

コスモ・ザ・カード・オーパス

イオンカード系列なので、本来イオンカードと同時期に有料化になるはずでしたが、なぜかしばらく延期になったようだったのでこちらでは明細書を受け取っていました。青色申告書類作成の時に、経費の確認書類として重宝していました。

ところが、こちらもいよいよ有料化が始まります。郵送を継続するためには100円(税抜)かかり、2020年11月2日引き落とし分から適用とのことです。(75歳以上の方は無料で郵送継続、手続き不要)

f:id:kaede_no_blog:20200930131401j:plain

 

近所の総合スーパーのJCBカード

こちらからもついに有料化のお知らせが来ました。郵送を継続するためには88円(税込)かかり、2021年2月10日支払い分の明細書より順次予定とのことです。

 

f:id:kaede_no_blog:20200930131417j:plain

 

どっちが得か?

私にとってはJCBカードのほうがありがたいサービスです。イオン系の郵送手数料よりお安いですし、手元に明細書があると確定申告書を作成するのが楽にできます。「アプリやネットで確認のほうが早くて便利」と言われても不便だなと感じてしまいます。

この案内だけでは将来のことは断定できませんが、JCBは満70歳以上の人は明細書郵送が無料になりそうだし、こちらの制度のほうが親切な気がします。ただ、88円払いたくない人にとっては、自分で手続きしなくてはいけないということを不親切と感じる方もいるかもしれません。

後は、最近読んだこちらに出てくる「出費の痛み」っていうのが気になっていて、、、。少しでも痛みを感じるようにするのもいいように思います。コストもそれほどかかりませんし。

 

 

確定申告についてはこちら。

 

マイナポイントについてはこちら。JCBはこの事業に参加してないはず。

 

とりあえず、電気料金やガソリン・灯油以外の引き落としはJCBに移行しました。外出先での利用もJCB優先にしようかなと思っています。還元率だけでははかれない利便性もあるのではないかな、どうでしょう。

クレジットカードはもう少し整理整頓したいなと感じています。